トップ

高齢出産の妊活を紹介

難しいとされる高齢初産

初産では35歳以上が高齢出産

まだまだ若い!そう思っていても、30代40代は妊娠出産においてはすでに高齢出産と呼ばれる年齢です。35歳を過ぎてから初めて出産をする場合は、リスクも高くなるため産婦人科では高齢出産と分類されています。経産婦でも40歳以上からは高齢出産と分類されます。
妊活の方法ならこちら。

女性が妊娠することのできる期間は、初めて排卵し月経が開始した時から閉経までです。生理が始まった10代から閉経の50代まで約40年間妊娠する可能性はあります。ですが自然妊娠をして出産をする能力は10代後半から30代前半までが一番適齢期で、そこを過ぎて40代になると妊娠力はぐっと低下し、50代にもなると妊娠力はほぼゼロに近いと考えられています。

実際は閉経の10年前くらいには排卵が無くなりますので、生理があったとしても妊娠力はほとんどなくなっているという状態です。いつ閉経になるのかは個人差がありますので、子どもを授かりたいと思ったらできるだけ早くに妊活を始めることが大切です。

<妊娠力が低下する理由は?>
体外受精の成績は33歳を境に下がることから、一般的には33歳から妊娠力が低下するとされています。25歳では3.5%、35歳では11%、40歳で33%の人が妊娠しづらくなっています。50歳になると90%もの人が妊娠し難くなります。

健康な男女が排卵日に性行為をした場合でも、妊娠する確率は35歳未満なら20-25%です。健康な男女においても確率はこれだけ低いのですが、35-40歳の場合は10-15%と確率はさらに半分に下がります。40代後半においては確率が4%まで下がってしまいます。35歳未満の人と比べても確率は1/5以下です。

妊娠力が低下する理由はストレスや疲労などもありますが、加齢による卵子や子宮の老化は大きな原因になっています。また婦人病や生活習慣病も増えてきますので、妊娠は年齢と共にどんどんし難くなってきます。妊娠・出産の可能性が低くなるだけではなく、高齢になると母子ともに出産に伴うリスクも増えることになります。

Copyright © 難しいとされる高齢初産. All rights reserved.